冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信しています。

リアル野球BANに出演していた選手についてまとめてみた。

毎年夏や正月に放送されている「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」の企画の一つである「リアル野球盤」ですが、普段野球を見ていない方は出演している選手について知らないと思うので、ここに野球を知らない人向けに各選手のすごいところなどまとめてみます。

 

f:id:takegatari:20170130213752j:plain

 

リアル野球BANとは

 はじめに「夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」は2000年から放送されている特番で、毎年夏頃と年明けに放送されています。

とんねるずの2人が様々なスポーツを通して現役アスリートたちと対戦を繰り広げる番組です。

「リアル野球BAN」はその企画の内の一つで初回放送の時から毎回行われています。

実際の野球場を野球盤に見立て、打球が落ちた地点にかかれている結果によって、ヒットになったりアウトになったりします。

石橋率いる帝京高校OB側は現役選手以外はハンデとして金属バットを使用できます。またストレートの速さもプロよりも20km/h遅く、変化球がカーブしかないなどのハンデが設けられています。

毎度、負けたチームが土下座をし、特別に延長戦になることがもう一度勝敗を付けることが恒例になっています。

 

2017年リアル野球BAN出演者一覧

 

帝京高校OBチーム

石橋孝明

吉岡雄二

ゴルゴ松本

杉谷拳士

 

侍ジャパンチーム

前田健太

坂本勇人

山田哲人

中田翔

 

出演選手紹介

 

吉岡雄二

1971年7月29日生まれの45歳。

帝京高校出身の元プロ野球選手で2008年までプレーしていました。

帝京高校時代は、エースピッチャーとして活躍し、3年次の夏の甲子園では優勝の立役者になりました。

その年のドラフトで巨人に入団しました。

巨人時代はあまり活躍できませんしたが、近鉄(今はない球団)に移籍してから活躍することが増え、晩年は楽天でプレーしました。

野球盤には2012年の夏の放送から2016年の夏の放送を除いて毎回出場していて、トーク面ではあまり目立ちませんが、打撃面では往年の打撃力と金属バットによる飛距離のアップなどもあり、東京ドームの試合ではホームランを放つなど、毎回大活躍している。

 

杉谷拳士

1991年2月4日生まれの25歳。

帝京高校のОBで、日本ハムに所属する現役選手です。

2011年に1軍デビューし以降は控え選手としての出場が多いですが、内野外野すべて守れる器用さや足の速さ、そして何よりも野球盤でもわかるようにチームの盛り上げ役としてチームに欠かせない選手です。

日本ハムでもチームメートの中田選手は1年先輩なので「世話役」としてかわいがられています。

野球盤には2015年の正月の放送から出演していて、ゴルゴ松本さんにも引けを取らない笑いのセンスを見せています。

 

前田健太

1988年4月11日生まれの28歳。

PL学園高校のOBで現在はドジャースでプレーするメジャーリーガーです。

2008年カープに入団し以降はエースピッチャーとして2015年まで投げていました。

昨年メジャーに挑戦して、いきなり16勝と大活躍を見せました。

ピッチャーながらもバッティングは好きなようで、メジャー初登板の試合ではホームランを放ち、周りを驚かせました。

野球盤には2015年の正月の放送に出演以来2度目であり、番組では中々打てない場面が多く笑いを取れている。

 

坂本勇人

1988年12月14日生まれの28歳。

光星学園のOBでプロ入り後は巨人一筋で現在はキャプテンも務めるチームの顔。

20歳から1軍で活躍している選手ですでに通算で1402本のヒットを放っており、これはプロ野球の歴史の中でもトップクラスの速さ。

2016年シーズンは選手として一回りアップし、首位打者を獲得した。

今年の野球盤は2013年以来の出演でした。

 

山田哲人

1992年7月16日生まれの24歳。

履正社高校のOBでヤクルトに所属するプロ野球選手。

2年連続でトリプルスリーを達成していて、これはプロ野球史上初めてのことで24歳という若さで球史に残る活躍をしているすごい選手。

野球盤には昨年の正月の放送に続く出演で、今年は石橋に前髪をいじられるなどしていた。

 

中田翔

1989年4月22日生まれの27歳。

大阪桐蔭高校のOBで日本ハムに所属するプロ野球選手。

パワーが一番の魅力の選手で高校時代は通算87本塁打、甲子園では歴代7位の4本塁打を打っています。

プロ入り後は、初めは期待されたほどの成績を残せなかったが栗山監督が就任して以降辛抱強く4番で起用してもらい、現在は日本代表の4番になるまでに成長しました。

一見すると柄が悪い印象を受けるかもしれないが、既婚者で子供もおり、シーズンオフのイベントなどでは子供たちなどに優しい一面も見せています。

野球盤には2014年の正月の放送から4年連続で出演し、後輩である杉谷との絡み具合に毎回笑わせられます。