冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信‼

今シーズンのベストリードオフマンを決める~パリーグ編~

今シーズンプロ野球で各球団の1番打者の成績を比較し、誰が最も優れたトップバッターであったのかを検証し、勝手に今シーズンのベストリードオフマンを選出しようという企画です。
今回はパリーグ編です。

1番打者としての働きを評価するために、ここでは得点、三振、出塁率、長打率、盗塁数、P/PA(1打席辺りに投げさせた投球数の平均を示す指標)を用います。
各チームの選出基準は、1番として公式戦の3分の1以上に出場している選手としました。
※ソフトバンクについては条件を満たす選手が皆無であったため、1番として最も出場数が多い今宮選手としました。


それぞれの指標を用いる理由


得点・・・1番打者としてチームの得点を生み出すことが 重要である。しかし、後続の打者に左右されるなどするため、あまり明確な判断基準にはならないか。

三振・・・一般的に1番を打つ選手は足が速い選手が多く、内野安打が狙えるが、バットに当たらなければ何も望めない(振り逃げはあるが)ため、三振は少ない方が望ましい。

出塁率・・・ヒット以外にも四球で塁にでることで、得点が増えることになる。そのため、打率よりも優先すべき成績であるといえる。また、四球は最低でも相手投手に6球投げさせることにもなる。1番打者に最も必要とされる視標の1つであると考える。

長打率・・・単打に比べ、長打の方が得点をもたらす確率はあがる。 1番打者としては、長打よりも出塁を優先すべきであり、長打率が評価に及ぼす影響は少ない。

盗塁数・・・一つでも先の塁に進塁することにより、 得点をもたらす確率が上がる。しかし、盗塁数はチームの作戦にも影響される為、単純な比較は難しい。

P/PA・・・1打席辺りに相手投手に投げさせる球数の平均を示す指標。高ければ高いほど、相手投手に球数を投げさせており、粘り強い打撃ができていることがわかる。1番打者に最も必要とされる指標の一つであると考える。
 

各選手の成績



選手名 試合数 得点 三振 出塁率 長打率 盗塁数  P/PA
西川 138(70) 76 113 .405 .398 41(89.1%) 4.39 
今宮 137(35) 74 86 .312 .370 8(66.7%) 3.93
岡田 121(57) 38 42 .323 .315 14(66.7%) 3.42
秋山 143(86) 98 103 .385 .422 18(75.0%) 4.32
岡島 127(76) 44 49 .338 .345 7(43.8%) 3.87
西野 143(55) 63 55 .335 .331 16(76.2%) 4.06



日本ハム 西川遥輝 



出塁率、P/PA、盗塁数がいずれもトップ。粘り強い打撃で出塁 、塁をにぎわせた。優勝チームのリードオフマンに相応しい成績を残した。


ソフトバンク 今宮健太 △



1番での出場が少ないため、参考となる指標が少ないが、出塁率に関しては6選手中最も低かった。P/PAは4近く粘り強いバッティングであった。また、小技も巧みなためやはり2番打者が適しているのだろう。

ロッテ 岡田幸文
 △



出塁率、長打率ともに低く、P/PAも最小であった。三振も少ないため、早打ちで淡白な打撃であるため、1番としては機能しなかったといえる。

西武 秋山翔吾 



全試合に出場し、1番としての試合数も最多であった。得点はトップ、出塁率、P/PA2番目と1番して素晴らしい成績を残した。また、長打力も兼ね備えており、攻撃的な1番タイプである。

楽天 岡島豪郎 △



三振が少なく、出塁率、P/PAは平均以上の水準であり、まずまずの成績を残した。盗塁成功率が半分にも満たず、走塁面での貢献は物足りなかった。


オリックス・西野真弘
 



P/PAは4を超え、三振も少なく、粘り強い打撃であった。長打力は乏しく、典型的な1番打者タイプ。




結果発表


ベストリードオフマン賞 パリーグ部門

日本ハム 西川遥輝

選考理由

出塁率、盗塁数、P/PAのいずれもトップであるが、秋山選手も素晴らしい成績を残していたため、迷いはしたが、盗塁数が断トツで成功率も非常に高いこと、リーグ優勝に貢献したことを踏まえて、西川選手とした。




読んでくださってありがとうございます。
この記事が面白い、参考になったと思ったら、下のボタンを押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村