冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信しています。

なぜ中日ドラゴンズは弱くなってしまったのか?弱い理由は何かを探る

2017年の中日は開幕5連敗と大きく出遅れてしまいました。

ここ数年も毎年低迷しており、以前のような強い中日の姿は全く見られません。

その理由はなぜなのかを現状の戦力や黄金期のメンバーと比較して、考えてみたいと思います。

f:id:takegatari:20170407213635j:plain

 

目次

中日が弱い4つの理由

中日が弱い理由として大きく4つの理由が考えられると思います。

一つ一つ見ていきます。

絶対的エースの不在

中日が強かった時の投手をみると川上憲伸、吉見一起といった絶対的なエースがいました。

しかし、近年は川上の引退、ここ数年は吉見がケガなどにより活躍することが少なくなってしまったため投手の柱を失っています。

現在の中日のエースは大野で間違いないですが、昨シーズンはケガでフル回転できず、今シーズンも開幕戦ではノックアウトされるなど絶対的エースとはいえない状況です。

2017年シーズンの開幕時の先発ローテーションを見ると、大野→バルデス→吉見→若松→八木と5人で回していますが、吉見や八木がシーズン通して投げられる可能性は低く、またそのほかの先発候補としても小笠原ぐらいしかおらず先発事情は非常に苦しい状況です。

 

黄金期を支えた投手陣の低迷

チームの黄金期を支えた投手として先発では上記にも述べた吉見、特にリリーフとしては長年チームのクローザーを務めた岩瀬、セットアッパーを務めた浅尾らの不振が低迷の大きな要因となっていると思います。

岩瀬は年齢的にも仕方のないことですが、浅尾が勤続疲労やけがの影響がありここ数年で全くピッチングが通用しなくなってしまったことが非常に痛いです。

2017シーズンは、昨年に続いてクローザーとして期待される田島が開幕2戦目で阿部に逆転ホームランを食らい、これで昨年の最後の2登板からセーブ失敗が相次ぐなど安定感に欠け、さらにWBCでも登板した左の岡田が4月6日の広島戦で1アウトも取れずに降板し2軍行きとなるなど、リリーフ事情も非常に苦しい状況にあります。

 

つながりの欠ける打線

中日が強かったころのオーダーを振り返ると、荒木・井端(アライバ)の1,2番コンビに加え、クリーンナップには福留・Tウッズ・中村紀や森野・ブランコ・和田など足を使えて粘り強い1,2番に加え、率を残せて長打力もあるクリーンナップが形成されていました。

2017シーズンは、1番の大島こそリードオフマンとして役割を果たしていますが、2番の荒木は年齢による衰えもあるのか極度の打撃不振で、ゲレーロ・ビシエドの外国人コンビは率こそ残していますが、四球が1つもないのは調子が落ちたときに全く出塁できなくなるのではないかと懸念されます。その他の選手も荒木、京田が四球がないなど全体的に出塁率が低く、つながりに欠けるオーダーとなってしまっています(2017シーズンのデータは開幕後6試合を終えた時点の数字)。

 

正捕手の不在

中日というチームにおいて谷繁元信の存在というのはやはり大きかったといえます。谷繁無き今、新たな正捕手の育成が急務だと思います。

杉山、松井といった捕手が正捕手としてプレーできるだけの存在にならなければ、チームの浮上はないといってよいかもしれません。

監督も務めた谷繁をコーチに招聘するべきなのではないでしょうか。

 

まとめ

このように中日は投打ともに大きな課題を抱えています。今後中日が浮上するためには、投手陣の整備、正捕手の育成など課題は山積みです。

なによりも若手選手の成長無くては、チームの浮上はないでしょう。投手陣では小笠原や藤嶋、野手では高橋や遠藤の活躍に期待したいところです。