冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信‼

東福岡高校のラグビーやバレーが強い。戦績をまとめてみた。

ここ最近、ラグビーやバレーなど様々なスポーツで東福岡高校の名前をよく聞きます。

一体、どれだけの戦績を挙げているのかこれまでの目立った実績と近年の戦績をここにまとめてみたいと思います。

f:id:takegatari:20170130214220j:plain

 

東福岡高校について

 

はじめにこの高校について調べてみました。

 

中高一貫校で中学校は東福岡自彊館中学校と言います。

そのため、平成28年度の生徒の在籍数は2640名と非常に多いです。

中学校、高校共に男子校です。

現役大学合格率も高く、文武両道の学校です。

2016年には映画「オオカミ王女と黒王子」の撮影に使われました。

グラウンドはマスコミに取り上げられるほど大きく、全面人工芝のグラウンドは福岡ヤフオクドームの1.7倍だそうです。

本校出身の著名なスポーツ選手としてプロレスラーの佐々木健介さんやサッカー選手の長友有都選手、プロ野球選手の村田修一選手や田中賢介選手など数多くの選手を輩出しています。

特にラグビーとサッカーの選手は数多いです。

 

各部活動の成績をみる

 

それでは各部活動の近年の成績をみてみます。

 

ラグビーフットボール

戦績

第96回全国高等学校ラグビー大会 優勝

開催時期:2016年12月27日~2016年1月7日

今回で6度目の優勝です。

春の全国選抜大会、夏の7人制大会と合わせて2度目の三冠。

2回戦での浜松工戦では大会最多得をたたき出し139-0で勝利した。

第87回大会から第96回大会の10年間で合わせて6度優勝、3度のベスト4と高校ラグビー界において圧倒的な存在です。

福岡県予選は17年連続27回目の出場。

 

サッカー

戦績

第95回全国高等学校サッカー選手権大会 ベスト8

開催時期:平成28年12月30日~29年1月9日

前回大会では3度目の優勝を果たしています。

また福岡県予選は4年連続18回優勝しています。

選手の出身中学をみるとクラブ出身者がほとんどで、それが強さの要因かもしれません。

 

バレーボール部 

戦績

第69回全国選抜優勝大会「春の高校バレー

開催時期:2017年1月4日~

2回戦敗退

前々回、前回大会と連覇しており、近年急激に強豪化したチームであるといわれていまます。

福岡県予選は6年連続で優勝しています。

 

野球部

 甲子園通算 春2度 夏4度出場

 

ボクシング

 全国高校総体 個人優勝30回(直近平成26年)

 

水泳

 インターハイ多数出場

 

最後に

 

東福岡高校はどの部活も強く、特にラグビー、サッカー、バレーが全国トップクラスの実力を持っていることが改めてわかりました。

個人的に練習環境が非常に充実していることで多くの部員が集まり、好成績につながっているのかなと思いました。