読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信しています。

【WBC2017】イスラエル代表の出場選手を紹介する。

3月に行われるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。

ここでは注目選手の成績や特徴などをまとめています。

今回は、本戦初出場でメジャーリーガーも参戦するイスラエルです。

f:id:takegatari:20170128210311p:plain

目次

イスラエル代表について

イスラエルは現在世界ランキングは42位とWBCに出場する国の中で断トツの最下位です。

WBCには2013年に初めて予選に参加しその時は敗退しましたが、2017年の予選ではメジャーリーガ-も参戦し、決勝で見事イギリスを破り本線初出場を決めました。

注目選手紹介

 各選手の紹介は次の通りです。
・選手名
・成績
・所属
・ポジション
・主な国際大会出場歴
・特徴

投手

クレイグ・ブレスロウ

15登板 0勝2敗 防御率4.50 14回 7三振 WHIP1.79

通算

539登板 22勝29敗8S 防御率3.35 WHIP1.32

マイアミ・マーリンズ

リリーフ/左投左打

レッドソックス時代の2013年には田沢、上原らとともにリリーフの一角としてワールド・チャンピオンに貢献した。

145km/h前後の速球を中心に変化球は主にチェンジアップとスライダーを投じる。

イスラエルではクローザーを務めると思われる。

ジェイソン・マーキー

通算

377登板 124勝118敗1S 防御率4.61 WHIP1.45

無所属

先発/右投左打

2004年から6年連続2桁勝利を挙げた実績を持つ。

140km/h前後のシンカーを中心にチェンジアップとスライダーを投じる。

どれくらい投げられるかは分からないが、現状イスラエルのエース。

野手

アイク・デービス

.214 0本 1打点 OPS.481

通算

.239 496安打 81本 291打点 OPS.746

ニューヨーク・ヤンキース

一塁手/左投左打

選球眼が良い選手で通算の出塁率は.332と打率より1分近くも高い。また長打力もあり、メッツ時代の2012年には32本塁打を放った実績を持つ。

ユダヤ系アメリカ人であり、過去には世界大会にアメリカ代表として参加したこともあるが、2017年のWBCでは予選からイスラエル代表としてプレーしている。

タイ・ケリー

.241 1本 7打点 OPS.697

ニューヨーク・メッツ

外野手・三塁手・二塁手/右投両打

昨シーズンメジャーデビューしたスイッチヒッターの選手。

長打力は乏しい反面、マイナー時代から選球眼が非常によく、メジャーでも71打席で11四球を選び出塁率は.352を記録した。

サム・ファルド

出場無し

通算

.227 57安打 2本 22打点 OPS.632

オークランド・アスレティックス

外野手

昨シーズンは回旋筋腱板の手術を受けたため、シーズンを全休した。

打率は期待できないが、選球眼が良く出塁率はまずまず。守備力が高く、外野のどのポジションでもこなすことができる。

戦力分析

メンバー構成を見ると、マイナーの選手を中心にメジャーリーガーも参戦するという形になった。

一次ラウンドの同組は、韓国・台湾・オランダといずれも難敵で勝ち進むのは簡単ではないが、大きな差があるわけではなく、番狂わせも起こる可能性は十分にあるだろう。