冴えない男子の語りどころ

好きなことやハマったことを発信していくブログです!

今年のポケモン映画が感動したので見所や感想をネタバレなしで紹介!

スポンサーリンク

こんにちは。私は先日ポケモン20周年を記念した映画「劇場版ポケットモンスター キミに決めた!」を見に行ってきました。

この映画が非常に感動させられたので、まだ見たことのない人向けに見所や感想をネタバレなしでお伝えしたいと思います。

 

 

目次

本作品についてテーマや設定などを簡単に紹介

 

本作はポケモンの映画が公開されて20作品目にあたる作品という事で、サトシとピカチュウの二人の「出会い」と「約束」の物語をテーマに公開されました。

映画の冒頭は、マサラタウンから始まりサトシが初めてピカチュウと出会うところから始まります。

物語が進む中でサトシはマコトとソウジという二人のパートナーと出会います。マコトはポッチャマ、ソウジはルカリオを相棒としています。

このように今作では本来、カントー地方では存在しないポケモンですが第一世代以外のポケモンも数多く登場します。幅広い世代を対象とするためにあえて第一世代以外のポケモンも登場するようにしたのだと思います。

ストーリーは、ピカチュウと共に旅に出たサトシが初日にホウオウと出くわし、そこでホウオウの羽を拾ったところから展開していきます。

 

見所・注目ポイント

 

・サトシとピカチュウが一番の仲間になった理由

本作の冒頭で、サトシとピカチュウがいかにして出会い、最高のパートナーとなったのかを知ることができます。

人づきあいが苦手だったピカチュウがいかにしてサトシを信頼するようになるまでの過程に感動させられました。

 

・ポケモンとの出会いと別れ

トレーナーとポケモンとは出会いもあれば、別れもあります。本作の別れのシーンは、いい面と悪い面の両方が描かれています。

一方は、トレーナーに捨てられるようにして別れることになったポケモン、もう一方は、トレーナーと一緒に行くか野生に帰るか葛藤しながらも最終的にはトレーナーと分かれることになったポケモン。

あえて感動の別れだけでなく、残酷な別れがあったのも私は良かったと思いました。

ここでいったいい面のトレーナー(サトシ)とポケモンの別れは、本作で一番感動し、胸が熱くなりました。

 

・新旧のポケモンの迫力のバトル

本作では、世代を問わず様々なポケモンが登場します。第一世代のポケモンたちを中心に多くのポケモンが新旧入混じりバトルを繰り広げるシーンは、迫力がありわくわくさせられました!

 

・子供たちに贈るメッセージ

物語の最終盤で、ある人物がまるで現実に生きている私たちへのメッセージとも受け取れる言葉を話すシーンがあります。

ポケモン映画の鑑賞者は夏休み期間という事もあり、子供が中心だと思います。悩んでいる子供たちも励まされるだろうメッセージが込められおり、私は本作に欠かせないセリフの一つであると思いました。

 

感想

本作品は、今ポケモンに熱中している子供はもちろん、過去にポケモンをプレイしていた20代以上の大人の方にも楽しめる作品になっています。むしろ、昔のポケモンを知っている大人の方が深い意味で作品を味わえると思います。私もポケモン映画を見るのは4年ぶりぐらいでしたが、非常に良かったです。

ポケモン映画が久しぶりの人、初めての方にもぜひ見てほしい作品であると思いました。