冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信‼

【WBC2017】プエルトリコ代表の出場選手を紹介する。

3月に行われるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)。

ここでは出場が確定している選手の昨シーズンの成績、特徴などをまとめています。

今回は、前回大会で日本を破り準優勝を果たしたプエルトリコです。

f:id:takegatari:20170107113311p:plain

目次

WBCでの戦績

2006年:二次リーグ敗退

2009年:二次ラウンド敗退

2013年:準優勝

出場選手一覧

※黒はこの記事で紹介している選手

投手

ホセ・べリオス

イラム・バーゴス

アレックス・クラウディオ

ジョセフ・コローン

エドウィン・ディアス

ジョー・ヒメネス

ホルヘ・ロペス

セス・ルーゴ

ミゲル・メヒア

エミリオ・パガーン

オーランド・ロマン

J.C.ロメロ

ヘクター・サンティアゴ

ジオバンニ・ソト

捕手

ヤディア―・モリーナ

ロベルト・ペレス

レネイ・リベラ

内野手

マイク・アービレイス

ハビアー・バエス

カルロス・コレア

T.J.リベラ

ケニー・バルガス

外野手

カルロス・ベルトラン

レイモンド・フエンテス

エンリケ・ヘルナンデス

アンヘル・パガーン

エディ・ロサリオ

注目選手紹介

 各選手の紹介は次の通りです。

・選手名
・成績(2016年/通算)
・所属
・ポジション
・主要国際大会出場歴
・特徴

投手

ヘクター・サンティアゴ

33登板 13勝10敗 防御率4.70 182回 144三振 WHIP1.36

通算

174登板 36勝38敗4S 防御率3.84 WHIP1.33

ミネソタ・ツインズ

先発/左投左打

昨シーズンは初の2桁勝利を挙げたが、コントロールが悪く防御率は4点台後半と安定感には欠ける内容だった。

150km/h前後のシンカーがほとんど。第2球種としてチェンジアップ、その他としてスライダー・カッター・カーブなど球種は多彩。

ホセ・べリオス

14登板 3勝7敗 防御率8.02 58.1回 49三振 WHIP1.87

ミネソタ・ツインズ

先発/右投右打

将来のエース候補とされる投手で、昨年はメジャーデビューし結果は散々だったが3Aでは10勝5敗、防御率2.51の好成績でここ3シーズンは防御率2点台をマークしている。

最速156km/hで150km/h前後の速球を中心にカーブとチェンジアップを投じる。

セス・ルーゴ

17登板 6勝8敗 防御率2.67 64回 45三振 WHIP1.09

ニューヨーク・メッツ

先発/右投右打

昨シーズンメジャーデビューを果たした投手で制球が安定している。先発、中継ぎの両方で投げたが、安定したピッチングをした。

150km/h前後の速球にスライダー、カーブが中心。チェンジアップも投じる。

アレックス・クラウディオ

39登板 4勝1敗 防御率2.79 51.2回 34三振 WHIP1.26

通算

72登板 5勝2敗 防御率2.82 WHIP1.27

テキサス・レンジャーズ

リリーフ/左投左打

2014年にメジャーデビューした左腕で安定した制球力が持ち味。デビュー以降は、限られた登板機会で3年連続2点台後半の防御率を残している。

昨シーズンはシンカーの割合を大幅に増やし、ほかにチェンジアップとカーブで勝負する。2015年に最も多く投げていたスライダーは投球割合としては最も少なくなった。

エドウィン・ディアス

49登板 0勝4敗18S 51.2回 88三振 防御率2.79 WHIP1.16

シアトル・マリナーズ

クローザー/右投右打

昨シーズンメジャーデビューした投手でいきなりクローザーに抜擢され大活躍を見せ、ルーキーを対象とした表彰で5位にランクインした。

最速163km/hの速球と縦に落ちるスライダーで三振を量産する。

野手

ヤディエル・モリーナ

.307 8本 58打点 3盗塁  OPS.787

通算

.285 1593安打 108本 703打点 OPS.738

セントルイス・カーディナルス

捕手/右投右打

2006年、2009年、2013年WBC

メジャー有数のキャッチャーで巧みなリードで投手陣をリードし、屈指の強肩を生かして盗塁阻止率も高い。

昨年まで8年連続でゴールデングラブ賞を獲得している。

また捕手としては優れた打撃力持ち合わせている。

ケニス・バルガス

.230 10本 20打点 OPS.833

通算

.251 136安打 24本 75打点 OPS.743

ミネソタ・ツインズ

一塁手/右投両打

出場試合数は少ないながらも、152打席で10本のホームランを放っており、長打力がある。

一方三振も多いため、ツボにはまれば怖いタイプの打者であるといえる。

ハビエル・バエス

.273 14本 59打点 12盗塁  OPS.737

通算 

.244 173安打 24本 83打点 OPS.680

シカゴ・カブス

内野手(主に二塁手・三塁手)、外野手(左翼手)/右投右打

ワールドチャンピオンに貢献した若手選手。

守備力が高く、守備表彰であるフィールディング・バイブル賞を複数ポジション枠で受賞した。

T.Jリベラ

.333 3本 16打点 OPS.821

ニューヨーク・メッツ

三塁手・二塁手/右投右打

昨シーズンメジャーデビューした選手で、少ない出場試合数ながら打率3割をマークした。

マイナーでも安定して3割以上の打率を残していてミート力のある打者である。

カルロス・コレア

.274 20本 96打点 13盗塁  OPS.812

通算 

.276 266安打 42本 164打点 OPS.829 

ヒューストン・アストロズ

遊撃手/右投右打

長打力が魅力の若手内野手。広角に長打を放つ。

昨シーズンは初めてシーズン通して活躍した。

フランシスコ・リンドーア

.301 15本 78打点 12盗塁  OPS.793

通算

.306 304安打 27本 129打点 OPS.810

クリーブランド・インディアンズ

遊撃手/右投右打

ワールドシリーズ進出に貢献した新鋭。

中距離バッターで足も速く、また守備力も非常に高い3拍子揃った選手。

エディ・ロサリオ

.269 10本 32打点 5盗塁  OPS.716
通算
.268 211本 23本 82打点 OPS.735
ミネソタ・ツインズ
外野手(主に左翼手)
2013年WBC
選球眼が悪いため出塁率が低く、また三振も4打席に一度のペースとかなり大雑把な打撃をする。。

アンヘル・パガーン

.277 12本 55打点 15盗塁  OPS.750
通算
.280 64本 176盗塁 OPS.738
サンフランシスコ・ジャイアンツ
外野手(主に中堅手)/右投両打
2013年WBC
プエルトリコの核弾頭。前回大会でも一番を務めた。
両打ちで、足も速い嫌らしい打者。昨シーズンは主に左翼手を守った。

カルロス・ベルトラン

.295 29本 93打点 1盗塁  OPS.850

通算 

.281 2617安打 421本 1536打点 OPS.850

ヒューストン・アストロズ

外野手(右翼手)/右投左打

2006年、2009年、2013年WBC

球史に残るスイッチヒッター。

通算2500安打、1500得点、400本塁打、1500打点、300盗塁を記録している。

若いころは中堅手の守備も一級品であったが、近年は右翼手あるいはDHで出場している。

戦力分析

投手陣

サンティアゴ、べリオス、ルーゴの先発3本柱にクローザーはディアスと中々強力な編成となっている。

野手陣

打線はメジャーでプレーする若手とベテランがそろっており、長打もあり機動力も使えるバランスの良い構成となっている。

総合評価

投手、野手共にメジャーでプレーする選手が顔をそろえた。

しかし、プエルトリコの所属するプールDはベネズエラとメキシコがおり、前回大会準優勝とはいえ1次ラウンドから激しい戦いとなりそうだ。