読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信しています。

ソフトバンクは若手のホープが多数!将来のエース候補を紹介。

こんにちは。冴えない男子です。

昨日行われた侍ジャパン対ソフトバンクの試合を見ていて思ったのですが、ソフトバンクの若手はいい選手が多いと改めて思わされました。

そこでソフトバンクの未来のエース候補を紹介したいと思います。

f:id:takegatari:20170204200843j:plain

目次

期待の若手投手

笠原大芽

186cm、84kg、左投げ右打の22歳。

福岡工業大学附属城東高校から2013年に5巡目で入団。兄は野球賭博問題で球界を去った将生。

1軍登板は未だないが、昨年は2軍で22試合で9勝(1位タイ)、防御率2.52(3位)、128.1回(1位)で118三振(1位)と見事な成績を収めた。オフには23歳以下のワールドカップにも選出されるなど着実に経験を積んでいる将来のエース候補。

しなやかな腕の振りから伸びのある直球(145km/h)、2種類のカーブ、スライダー、ツーシーム、フォークをなげる(Wikipedia参考)。

島袋洋奨

174cm、73kg、左投げ左打ちの24歳。

興南高校でエースとして春夏連覇に貢献、中央大学へ進学したのち、2015年に5巡目で入団したトルネード投法。

大学時代に肩を故障して以降、制球を乱したり、球威が落ちたりと以前の輝きが失われつつあった。

昨シーズンは、2軍で31試合に登板し、2勝7敗、防御率5.51と振るわなかったが、オフには台湾のウィンターリーグに参加し、8試合16.1回を投げて3勝0敗1S防御率2.20と結果を残した。

本来であればプロでもエースを張れるような投手で、高校時代のような投球を取り戻してほしい。

松本裕樹

182cm、83kg、右投げ左打ちの20歳。

盛岡大学付属高校から2015年にドラフト1巡目で入団。高校時代は打撃面でも通算54本塁打した実力を持つが、プロでは今のところ投手1本である。

2015年は2軍でも登板機会がなかったが、昨年は9試合35.1回を投げ5勝1敗防御率3.05と経験を積み、1軍でも1試合に投げたが、いきなり楽天の三好にホームランを浴びた。

1試合しかデータがないが、直球とチェンジアップカーブを投げた。直球は入団時で最速150km/hを記録している。

将来は本格派の投手として活躍が期待される。

高橋純平

183cm、81kg、右投右打の19歳

岐阜商業高校から2016年ドラフト1巡目で入団。

1軍で投げることはなかったが、2軍では7試合28回を投げ、2勝1敗防御率2.22とプロとして順調なスタートを切った。

昨年のフレッシュオールスターで記録した最速154km/hの直球にスライダー、カーブ、スプリットを投げる将来のエース候補。

田中正義

186cm、90kg、右投右打の22歳

創価大学から2017年ドラフト1巡目で入団。

小学1年から野球をはじめ投手としてプレーしていたが、高校では肩の痛みの為多くは外野手としてプレーしていた。

大学進学後に再び投手に転向し、NPB選抜の試合で7者連続三振を記録するなど剛腕投手として注目されるようになった。

大学時代の最速は156km/hで決め球のフォークとスライダーを投じる。

間違いなくエースになれる逸材であり、またメジャー志望のある投手である。

最後に

ソフトバンクは2014年から3年連続で投手を1巡目で指名しており、いずれも将来のエースピッチャーとして期待できる投手です。また笠原も2軍では無双していて、今シーズンは1軍での登板もあるのではないでしょうか。

現状でも1軍の投手陣は素晴らしい陣容ですが、2軍にもこれだけの投手を育成しているソフトバンク。末恐ろしいチームですね。

野手の注目若手についてはこちら

www.takegatari.com