冴えない男子の語りどころ

野球とアニメに関する情報を中心に発信‼

【ネタバレ】アニメ幼女戦記第10話「勝利への道」あらすじまとめ

幼女戦記の第10話のあらすじをネタバレなし、ありに分けてまとめています。

話の内容を理解したい方や思い出したい方は見てください。

目次

[:contents]

あらすじ(公式/ネタバレなし)

戦線を大幅に後退した帝国軍は、重要な西方工業地帯を失いかねない状況であった。官僚たちは軍部に政治的措置を講じる必要もあると戒めるが、ゼートゥ―ファとルーデンドルフは動じることなく静かにその時を待っていた。

同じころ、ターニャは共和国のライン方面軍司令部に潜入。「衝撃と畏怖作戦」と名付けられた極秘計画が、着々と進行中であった。

あらすじ(ネタバレあり)

第二作戦実行のため、ターニャらは敵陣地に潜入を果たす。

そのころ、帝国軍最高統市議会にて、財務省は帝国軍が追い込まれていることに加えて、産業の基盤となる西方工業地帯を失いかねない状況に対して、上層部に作戦の意図を迫るが回答が得られず、閣僚らの不満が爆発寸前まで来ていた。

そんな中、大隊隊魔道隊は敵司令部を破壊することに成功する。その報告を受けたゼートゥ―ファは閣僚に対して、「原告を持ちまして衝撃と畏怖作戦の冠水と次なる第三作戦の開始をご報告させていただきます。どうぞ次の続報をお待ちくださいと」嘲笑した。

敵司令部を破壊する第二作戦を成功したのち、第三作戦として地下を掘り進めることにより敵国の地下に多数の地雷を仕掛け壊滅させる「解錠作戦」が実行される。

そのころ、戦艦にて第三作戦の成功の知らせを受けたターニャは隊員にこの戦争の勝利が確実となったことを伝え、一同喜びに浸るのだった。

攻め込まれた敵国軍は、司令部が破壊されたことも知らずに混乱に陥り、やむを得ず撤退指示が出される。しかし、解錠作戦を成功させたのちすでに敵軍の背後に回っていた機甲部隊と機械化歩兵により攻撃を受けることになるのだった。包囲殲滅作戦の実行であった。

大隊魔道隊は帝国への帰還途中の捜索遊撃任務として、他の軍隊の攻撃により限りなく少ないであろう残党兵を始末するというこの上なく楽な作戦の実行のため、海上を飛行していた。

その時、司令部より正体不明の魔道隊がターニャらの近くの海上を飛行しているとの報告が入る。瞬間、背後からグランツが銃撃を受ける。

それは、ターニャがフィヨルドの戦いにおいて撃ち取ったはずのアンソンの部隊であった。

 

幼女戦記 1 [Blu-ray]

幼女戦記 1 [Blu-ray]